◇◆UeBlog◆◇

ブログを移行しました!!

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

2008.10.10 大瀬崎

ダイビング

今回のダイビングは、ガイドさんのアドバイスもあり
「ガイドなしで大瀬崎を潜る為に地形を知ろう!」
というコンセプトで潜ってまいりました

大瀬崎は穏やかで流れの少ない湾内
・駿河湾に面した外海と言われる流れのあるポイント
・湾内と外海に挟まれた先端と言われる、強い流れと深さのあるポイント

大まかにこの3つに分かれています。
私があまり流れのあるポイントが好きではないので
一本目はノンビリと写真が撮れる、湾内でのアドバイスをいただくことにしました!
もちろん地形を見つつ、生物もしっかりと観察を(笑)
2本目は外海でのファンダイブです~。
潜水直後は貝殻がまざった荒い砂地で、ウミテングが2匹。
ウミテング
口がにゅーっと尖って、背中の部分が貝殻のよう。
擬態して砂地に佇んでいます。
実は前回潜った際も同じ場所で探したのですが、見つけられず。。。
今回もガイドさんの「この辺にいますから一緒に探しましょう」
との合図で、目を懲らして探してみたものの。

やっぱり自力では見つけられませんでした。くやしぃ
でもガイドさんももう1匹を探しあてられなかったので、見つけるのは本当に難しいんですね~!

その後も地図を見ながら、ここがこのポイント、水深は同じまま左へ、など
とても丁寧に指導していただきました。


ガラスハゼ
水深20mくらいのところに大きな鉄柵が沈んでいます。
そこにいたガラスハゼという、小さなハゼです。
大きさは爪の横幅くらいだったでしょうか??
でも透明なので教えてもらわないと絶対に見つけられませんね(笑)
動きもちょこちょこと素早いので写真を撮るのに苦労しました


アオウミウシ
同じ鉄柵にいたアオウミウシ。
本当は通称ピカチュウといわれるウミウシがいるはずなんですが、この時は不在だったようです。
かわりに青色が綺麗なこのこを撮影。
ちょっと焦点がずれてしまい、うすくぼけてしまいました。
ウミウシは殆ど動かないのでダイバーに人気の生物です。
この子を綺麗に撮せないということは、まだまだ腕が未熟ってことですね


近くにいたミジンベニハゼです。
落ちている缶に住んでいたり、大きめの貝などでも巣にするそうです。
ただヤドカリに追い出されて引っ越しが多いようですね(笑)
ミジンの顔ミジン全身
このミジン、よーく見ると全身にポツポツとでき物が出ています。
何か病気にかかっているんでしょうか。。。


ヨメゴチ威嚇
少々深場で長居をしすぎたので、そのまま浅場へ移動。
途中で出会ったヨメゴチの縄張り争いです!
縄張りの範囲が広く見回りもよくする為、このにらみ合い現場の遭遇確率は高いそうですよ!


もやっとしたカエルアンコウウオ
浅場で安全停止をしつつ撮影したカエルアンコウウオ。
この子はすごい大きかったですね~握り拳くらい??だったでしょうか。
しかも全身藻のようなものに覆われて、厳つい印象です(笑)


イロカエルアンコウ
2本目は通常のガイドさん案内によるファンダイビングといわれるダイブを。
ポイントは外海の柵下です。
ちょっと波があるな~と思いましたが、潜ってみると案の定流れが。。。
しばらく岩につかまりながら、息を整えていたときにいたイロカエルアンコウです!
おそらく5cmもないくらいの大きさで、鮮やかな黄色にオレンジの筋が目にとまりますね
でも中々正面を撮らせてくれませんでした。。。


コロダイ幼魚・失敗。。。ミツボシクロスズメダイ幼魚
岩の隙間に隠れ住んでいた、コロダイ幼魚とミツボシクロスズメダイの幼魚です。
どっちも動きが早すぎて、綺麗に写りません!さすが子供!!(笑)
ミナミハコフグ
そしてやはり岩場に隠れていた、ミナミハコフグの幼魚。
ミナミハコフグもダイバーに人気があり、小さい体に小さいヒレを一生懸命動かしている姿が何とも可愛らしいんですよ
でも。。。。この子は。。。。。

本来の黄色ボディーが、くすんだ色に。。。。
ひょっとしてミナミハコフグじゃなくてハコフグかも??


23mくらいの深場へ行きましたが、相変わらずの流れでちょっとした怖さ
それより下へいくとドロップオフといって、がくんと崖になります。
ガイドさんに聞きませんでしたが、その下はどれくらいの深さなんでしょうか。。。
すぐに浅場へ折り返しましたが、泳ぐのも体力を使うので砂地に指を差し込みながら這うように登りました。
行きは感覚がなかったのですが、帰る時に
「あ、こんなに傾斜がすごかったんだ」
と改めて水中での感覚の不確かさを実感です。
やっぱり流れは好きじゃないなぁ~

やれやれと岩場に戻り、マクロ撮影をしたり群れを見たりしていました。
群れの壁
ワイド撮影もアングルが難しいですね!
どれだけの群れがいたのかを一枚で収めたいと思ってもイメージにすら近づけません(笑)
でも群れの中に突っ込む、ではなく群れが人に突っ込んできてしまうくらい魚がいたので
ひたすら撮っていれば魚が写る、という嬉しい状態ではありました。
とはいうものの。
う~ん、ワイドはやっぱりレンズを変えないとだめかなぁ。。。なんて



今回は湾内の地形も詳しく教えてもらい全体が理解出来たので
とっても充実した内容となりました!
次回の大瀬崎は、前回のバディダイブとは違ったダイビングが出来そうです
スポンサーサイト

タグ : ダイビング 大瀬崎

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

ブログを移行しました!!

プロフィール

miyuki

Author:miyuki
◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
Name;植原みゆき
Occupations;声優・ナレーター
アーツビジョン所属
プロフィールはこちら

趣味はスキューバダイビング!!!

FC2カウンター
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
◆Mail Box◆
ご質問などはこちらへ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
 

Copyright ©◇◆UeBlog◆◇. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。